所得が少ない・赤字の個人事業主には税務調査が来ないって本当?【税務調査Q&A】

この記事は、個人事業主の方向けの税務調査に関するQ&Aです。
難しい専門用語なし!毎回、1問1答形式なのでさくっと読めます。

所得が少ない・赤字の個人事業主には、税務調査が来ないという噂を聞きました。
これって本当なのでしょうか?

税務調査が来る確率は低くなる傾向にありますが、
所得が少ない・赤字でも税務調査は来ます。


個人事業主・法人問わず、所得が少ない・赤字の場合でも税務調査は来ます。

ただし、開業初年度や業績悪化など、仕方のない理由によるものであれば、
決算書の数字にもおかしな点は生じないため、
調査対象にはされにくいでしょう。

一方、売上に対する経費が多く、毎年のように僅かな所得・赤字になっている場合、
売上を少なく申告しているか、プライベートな経費が混ざっている可能性が高いため、
調査対象になりやすいと言えます。

そもそも個人事業主で他の収入源も何もない場合、
通常は、事業の所得=本人の手取りとなります。

毎年のように事業の所得が僅かであったり、赤字になっているということは、
生活費がほぼ稼げていないということですから、
この人どうやって生活しているの?と疑問に思いますよね。

法人と異なり個人事業主は、その人の生活実態そのものが申告書に反映されます。
不自然な点があればすぐにわかりますので、注意しましょう。

当事務所では個人事業主の方向けに、
税務調査のサポートや、スポットのご相談メニューをご用意しています。
ぜひお問い合わせ下さい。

タイトルとURLをコピーしました